映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の試写をみて

- - AD - -

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」予告動画

 

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の試写を見てきました。

 

ストーリー

ある夜、空き家になった雑貨店に逃げ込んできた3人組の少年達。誰もいないその雑貨店で息を潜めていると、閉まっているシャッターの投函口から一つの手紙が投げ込まれてる。

その手紙は1980年に描かれた悩み相談だった。

32年前の1980年と2012年が手紙を通してつながり、様々人々の運命と秘密がつながっていく…。

東野圭吾のベストセラー小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を実写化した不思議な雑貨店で起こる奇跡の物語です。

 

 

演技派の俳優陣

出演している方々の演技たとても良かったです!

ナミヤ商店の店主を演じる西田敏行の表情で魅せる演技、けだるい感じの演技でミュージシャンを演じる林遣都、無骨で無口なオヤジを演じる小林薫、もうミュージシャンにしか見えない門脇麦と、どの役者の演技もすばらしい!

主演の山田涼介はちょっと周りの役者に食われちゃってるかもって思ってしまうほど、キャストがすばらしいです。

 

次々とつながっていく気持ちよさと推理

僕は原作を読んだことがないので、どれだけ映画で原作の要素が取り込まれて再現されているのかわからないですが、映画をみて原作はさぞ面白い話なんだろうなということがビシビシと伝わってきました。

「迷える子犬」「魚屋ミュージシャン」「グリーンリバー」「名無しの権兵衛」と、ナミヤ商店に投函される手紙から登場人物達の話が次々とつながっていくのは爽快で面白かった。

途中からは、ふいにでてくるキーワードや登場人物どこへつながっていくのかを推理し始めている自分がいて、いつのまにか物語にどっぷりとハマっていまいした(笑)

 

映画をみて

原作読みたいなー、すごくいい物語でした!
映画の尺ではもしかしたら表現しきれてない物語や感情があるんじゃないのかな。
いろいろな驚きと、気持ちよさがある映画でした。

 

- - AD - -

 

関連リンク

ナミヤ雑貨店の奇蹟


- - AD - -