光の今と未来を考える展示会「Nightscape 2050-未来の街・光・人」を見てきた

- - AD - -

toomilog-Nightscape2050_023

月島で開催されていた「Nightscape 2050-未来の街・光・人」を見てきました!

六本木ヒルズや東京国際フォーラムを手がけたことでしられる照明デザイナー面出薫が率いるLighting Planners Associates(LPA)の巡回展です。去年からスタートしベルリン、シンガポール、香港を巡回して東京での開催となりました。

 

toomilog-Nightscape2050_022

会場は月島のアートギャラリーTEMPORARY CONTEMPORARY!倉庫を改装したギャラリーです。

 

toomilog-Nightscape2050_001

会場内は撮影可でちょこちょこと撮ってきました。

入ってまずめにはいるのはベルリン、シンガポール、香港などの巡回レポートとワークショッププログラムの写真。

 

toomilog-Nightscape2050_002

子供たちが夢中で取り組んでいる姿の写真が沢山飾られています。

 

toomilog-Nightscape2050_003

少し進むと照明デザイナー面出薫が率いるLighting Planners Associates(LPA)の紹介とプロポーザルエリア。

 

toomilog-Nightscape2050_004

toomilog-Nightscape2050_006

フラクタルな東京や進化したコンビニなど、LPAが提案する未来の東京が広がります。

 


そして壁全体をスクリーンにしたLighting Pavilion。

自然光や夜景などの映像がながれる幻想てきな空間です。また2050年の未来への提案も映像でながれ、証明の未来を感じることができました。

 

toomilog-Nightscape2050_010

toomilog-Nightscape2050_011

ここは光模型のワークショップエリア。

こども達が描いた未来の絵が模型になり、綺麗な照明で浮かびあがっています。夢に描いたものをカタチにするっていうワークショップって素敵ですよね。

 

toomilog-Nightscape2050_013

ここは5人の識者が光や証明の未来について語っている映像を見れるエリア。チームラボの猪子寿之さんやノーベル物理学賞を受賞された中村修二さんなどそうそうたる方々です。

個人的には猪子さんの「光はデジタルを物理世界に再現する手段」という話がおもしろかったです。光を手段として意識した事がなかったので、光そのものが表現になるという話が目からウロコでおもしろかった。

 

toomilog-Nightscape2050_014

さらに奥へとすすむと子供たちのワークショップを紹介するエリア。

銀座や渋谷の街に繰り出して、街の中にある光に注目し子どもの目線で分析したものがまとめられれて展示されていました。

ここも普段気がつかないことを子どもに教えてもらっているような感じでとてもおもしろかった

 

toomilog-Nightscape2050_015

toomilog-Nightscape2050_016

toomilog-Nightscape2050_018

一蘭に注目したことなんで今まで一度もない。すごいです、子どもの視点は。

 

toomilog-Nightscape2050_019

こいう視点もなかなか。おもしろいです。

 

toomilog-Nightscape2050_021

壁には子ども達が描いた未来が。絵だけではなく、セロハンをはったりビーズのようなものをつかったりしていてアイデア満載。

 

普段当たり前のようにある「光」や「証明」を改めて意識させられた展示会でした。

 

関連リンク

Facebookページ


- - AD - -