日本橋に30,000匹超の金魚が泳ぐ「アートアクアリウム美術館」が登場

- - AD - -

2020年8月に東京・日本橋に「アートアクアリウム美術館」がオープンします。

アートアクアリウムは、作家・総合プロデューサー木村英智が手掛ける水族アートの展覧会で、夏の風物詩として愛され今年で14年目を迎えます。

今回オープンする「アートアクアリウム美術館」は、アートアクアリウム初の専用施設常設展です。

 

三井不動産が建設した2 階建ての施設は、延床面積は約2,321㎡で、従来の日本橋会場と比較すると約3倍の広さとなり過去最大の大型展示になります。

専用施設になり、夏のみの展示から通年楽しめるアクアリウムとなり、四季折々の空間を演出する展示が予定されています。

 

アートアクアリウムでは、史上最大の30,000匹を超える金魚が展示されます。普段は見る機会の少ない貴重な金魚から、お祭りなどでみる馴染みのある金魚まで様々な種類の金魚が一同に集結します。
期間限定から通年開催になり、四季折々の体験を楽しめる空間に。
作品や空間だけではなく、飲食まで、季節ごとの体験が提供されます。

 

「命」「光」「音」「香」「味」が表現され五感で感じながら、日本伝統文化 × 最先端のテクノロジーを駆使した立体的な体験を楽しむことができます。

 

 

- - AD - -

 

施設概要

開館:2020年8月予定
場所:東京都中央区日本橋本町1丁目3
時間:10:00~22:00(変更になる場合がございます)
休館:年中無休(メンテナンスの際、不定期で休館)

関連リンク

アートアクアリウム美術館


 

- - AD - -