90年代の代表的シューズ「AZTREK」の後継モデルが登場

- - AD - -

リーボックの90年代の代表モデルで、ランニングシューズとして登場した「AZTREK(アズトレック)」の後継モデル「AZTREK 96(アズトレック96)」が復刻しました。

「AZTREK」は1993年にトレイルランニングシューズとして登場したリーボック代表モデルの1つです。

路面の異なるオフロード対応の多目的モデルとして、厚みのあるソールデザインを採用し、独自の軽量クッショニング素材“Hexalite”を搭載することで、衝撃を吸収する役割を果たし、快適な履き心地を実現。デザインは、数々の有名スニーカーを手掛けるデザイナー“クリスチャン・トレッサー”が手掛けました。

AZTREK 96

「AZTREK 96」は、「AZTREK」の後継モデルとして1996年に登場したシューズ。AZTREKの機能性は引き継ぎつつも、全体的に、丸みのあるシルエットに仕上げ、よりファッション性を加えています。また、サイドに施された90年代当時のベクターロゴが、レトロなカラーリングによって際立ち、シューズのアクセントとなっています。

AZTREK DOUBLE

また、「AZTREK 96」をベースに、ウィメンズ向けにさらにソールを厚くし、現代のトレンドに合せたシルエットに仕上げたモデル「AZTREK DOUBLE」も同時発売されます。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

リーボック


- - AD - -