乾癬を啓発するアートイベント「ふれられなかったにんげんもよう展」へ

- - AD - -

東京ミッドタウン アトリウムで開催されていた「乾癬」を啓発するアートイベント「ふれられなかったにんげんもよう展」へいってきました。

未だ根治療法が明らかになっていない慢性の皮膚疾患へのあやまった理解を解消し、「乾癬」は感染しないという理解を深め、患者さんが悲観せずに生活できる社会づくりを目的にしたアー展。

SNSで「乾癬」を患っていることを公表した道端アンジェリカさんがアンバサダーを努めています。

 

会場には日常の様々なシーンに患者さんの心の声が投影されたアート作品が展示されていました。

他人の目をきにしてしまうあまりに人を避けて間を開けてしまう心理状態をあらわした電車内。

美容院で、嫌な顔を店員さんにされていないかを気にしてしまい、髪を切ってリフレッシュする場所でストレスを感じる患者さんの心の声。

 

恋人とベットですごす時間でさえも、抵抗を感じてしまう。

どの場面からも乾癬患者さんの辛い心の声が聞こえてきます。

フラッシュをたいて作品を撮影すると、症状が出ている部位が輝くように浮き上がってきます。

 

アンバサダーをつとめる道端アンジェリカさんのインタビュー映像もありました。

乾癬と向き合いっているメッセージがとても心に響きます。

 

最後に、「乾癬」の理解を深めたあかしとして、白い壁にお花をひとつつけてきました。

イベントの最終日には、きっとこの白い壁がたくさんのきれいな花でうめつくされているのかな。

それは、たくさんの方が「乾癬」を理解したという証。

僕は乾癬患者ではないけれど、すこしでも多くの方に正しい理解が広まればいいなと思いました。

こういったテーマの啓発イベントは、わりと重く辛い内容になってしまう傾向があるとおもうのですが、このイベントはとても明るくてきれいだったのがすごいと思った。

すばらしいイベントでした。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

ふれられなかったにんげんもよう展


- - AD - -