MdN 2016年11月号はフォント好き必見の特集「絶対フォント感を身につける。2」

- - AD - -

toomilog-mdn201611_1

 

月刊『MdN2016年11月号の特集は『絶対フォント感を身につける。2』!フォント好きにはたまらない内容になっています。

絶対フォント感とはなにか?からはじまり、フォントのルーツにせまる特集や、明朝体・ゴシック体の特集などがくまれています。

「文字の「明るさ」はふところの広さ?」「反ってる? まっすぐ? ゴシック体の梁(はり)に注目」「文字の「余白」と「リズム」で雰囲気の違いを感じる」と絶対フォント感をみにつける実践的な特集も。

 

 

書体史研究家 小宮山博史インタビューに、『文字の食卓』著者 正木香子のインタビュー。

深く深く文字にせまる内容になっています。

また、特集と連動した付録「絶対フォント感を身につけるためのフォント見本帳 2016」がついてきます。付録とは思えない176ページの特大ボリューム!

小冊子「絶対フォント感を身につけるためのフォント見本帳」を持って街をあるく「ぶらりフォント散策」なんていう面白い企画もあり、フォント好きは必読です。

前号の映画「君の名は。」と新海監督を特集したMdN 2016年10月号「彼と彼女と、そして風景が紡ぐ物語 / 新海誠」に続き、注目の一冊です。

 

- - AD - -

 

関連リンク

月刊MdN 2016年11月号 絶対フォント感を身につける。2

MdN


- - AD - -