イラストレーター・漫画家 ごめんの個展「エンドロール」へ

- - AD - -

東京・新宿のGUNKAN東新宿ビルで開催していたイラストレーター・漫画家 ごめんの個展「エンドロール」を見てきました。

イラストレーター・漫画家の「ごめん」は、映画「左様なら」の漫画原作やスリーピースバンド真空ホロウのアルバム「たやすくハッピーエンドなんかにするな」のアートワーク、漫画連載、書籍装画などを手がけています。

会場ではイラストの展示や映画「左様なら」のオフショットなどを見ることができましたした。

展示されていたイラストは心がキュッとしてしまう切ない乙女心が日常とともに描かれていて甘辛い世界でした。

 

 

 

展示作品

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

ごめん


- - AD - -