フランケンシュタインの世界が現代に蘇る「2018年のフランケンシュタイン」展 へ

- - AD - -

東京・表参道のGYREで開催していた「2018年のフランケンシュタイン」展 を見てきました。

イギリスの小説家メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」が誕生して200年。

バイオテクノロジーや生物を使った「バイオ・アート」を制作する国内外のアーティストが一同に会すアート展。

金沢21世紀美術館の「DeathLAB: 死を民主化せよ」や「Ghost in the Cell: 細胞の中の幽霊」などを手がけた髙橋洋介さんがキュレーションを担当し、「蘇生」「人新世」「生政治」というキーワードで「フランケンシュタイン」を再構築します。

 

 

 

展示作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - AD - -

 

開催概要

会期:2018年9月7日〜10月14日
会場:EYE OF GYRE
時間:11:00〜20:00
入場:無料

 

関連リンク

GYRE


- - AD - -