映画「僕だけがいない街」の試写を見て

- - AD - -

映画「僕だけがいない街」予告動画

 

ストーリー

事件や事故などの悪いことに遭遇すると「リバイバル」という現象で直前の時間へタイムスリップしてしまう主人公の藤沼悟。彼が母と一緒に買い物をしている時に誘拐事件に遭遇、そこで真犯人の存在に気がついた母が殺されてしまう。

母が殺害されているのを発見した主人公の悟はリバイバルで18年前へタイムシリップして母を救うため、過去に起きた事件を解決するために奔走するというもの。

 

僕だけがいない街

映画を見て

面白いとも面白くないとも言えない感じでした。

映画は途中から映画オリジナルのストーリーになっていて、最後の結末も少し違っている。結末だけ切り取ると、原作とはいろいろな意味居合で違うものになっています。そこは残念に思いました。

また、及川光彦のキャスティングは個人的に失敗だったんじゃないかと思います。僕はミッチー好きですけど、ちょっと、、いろんな意味で存在感ありすぎだから。。

原作アニメを見ていない人にはどう見えるかきになるところ。

漫画はすごく面白いんだけどなー。

 

関連リンク

http://wwws.warnerbros.co.jp/bokumachi/


- - AD - -