実空間と3D空間が交差する「光るグラフィック展2」へ

- - AD - -

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で開催している「光るグラフィック展2」を見てきました。

2014年2月に開催された「光るグラフィック展」の第二弾。

紙からデジタルへと作品を鑑賞するメディアが変わる中で変わりゆく表現の形に迫る展覧会。

ギャラリーは実空間と3D空間で構成され、それぞれの空間で同じクリエイターが作品を展示。

現実と仮想を巡りながらグラフィックのあり方を再定義されたような感覚になります。

 

 

 

展示作品

exonemo
exonemo
Nejc Prah
小山泰介
佐藤晃一
長谷川踏太
長谷川踏太
カワイハルナ
永田康祐
亀倉雄策
藍嘉比沙耶
北川一成
groovisions

永井一正

 

 

- - AD - -

 

開催概要

会期:2019年2月22日(金)~3月28日(木)
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
休館:日曜・祝日
入場:無料

 

関連リンク

クリエイションギャラリーG8


- - AD - -