JAGDA新人賞展2021 加瀬透・川尻竜一・窪田新 開催

- - AD - -
加瀬透 / 音楽レコードのジャケットデザイン「Okada Takuro + d uenn『都市計画 (Urban Planning)』」(cl:スペースシャワーネットワーク)

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で、「JAGDA新人賞展2021 加瀬透・川尻竜一・窪田新」が開催されています。

公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)が発行する年鑑『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」受賞者による展覧会です。

 

川尻竜一 / 個展の出品作品・告知ツール「果報/FRUITS REPORT」(org:ファビュラス)
窪田新 / 新聞社の新聞広告「人生、山折り谷折り新聞」(cl:静岡新聞SBS)

JAGDAは、会員数約3,000名を誇るアジア最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Ja pan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。
毎年、『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を授与しています。

この賞はデザイナーの登竜門として、デザイン・広告関係者の注目を集めています。

39回目となる今回は、加瀬透さん・川尻竜一さん・窪田新さんの3名が選ばれました。

会場では、3名の受賞作品および近作の、ポスター、プロダクトなどを中心に展示されています。

– – AD – –

開催概要

期間:2021年5月11日(火)~6月16日(水)
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
休館:日曜
入場:無料
会場:クリエイションギャラリーG8(MAP

 

関連リンク

クリエイションギャラリーG8


 

 

- - AD - -