アニエスベー ギャラリー ブティックで 「TARA OCEAN展 科学探査船とアーティスト」開催

- - AD - -

東京・青山のアニエスベー ギャラリー ブティックで、4人のアーティストの作品で構成されるグループ展『TARA OCEAN展』が開催されています。

Tara Ocean財団は、2003年にアニエスベーが息子のエティエンヌ・ブルゴワと共同創設し、その後もその活動にコミットし続けている、フランスで初めて海に特化した公益財団法人です。

世界中の著名な科学者や研究所と協力し、海洋科学探査船タラ号で世界中の海を調査し、気候変動や環境破壊が海洋にもたらす影響を研究しています。

財団のミッションである、科学「探査」の結果を多くの人に「共有」するために、タラ号にはアーティストも乗船。乗船したアーティストは、科学者が調べて解明して発信することとは別に、アーティストが感じた海の状態、様子など、実際に海で体験したことを作品にして発表しています。

これまでにさまざまな形で科学探査船タラ号に関わりながら作品を制作しているNicolas Floc’h(ニコラ・フロック)、大小島真木、Elsa Guillaume(エルザ・ギヨーム)、K-NARF&SHOKO(ケーナーフ&ショウコ)の4人の作品が展示されます。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

agnes b


 

- - AD - -