ギンザ・グラフィック・ギャラリーの「日本のアートディレクション展2018」へ

- - AD - -

東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されている「日本のアートディレクション展2018」へいってきました。

「日本のアートディレクション展」は、東京アートディレクターズクラブの会員が審査員の年次公募展で、昨年まで「ADC展」として開催されていた展覧会です。

クリエイションギャラリーG8とギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されており、一般作品がクリエイションギャラリーG8、ADC会員作品はギンザ・グラフィック・ギャラリーで展示されています。

今回は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで展示されている受賞作品、優秀作品と、ADC会員作品をみてきました。

 

 

 

展示作品

【ADCグランプリ】 グラフィック社「Advertising is」のブック&エディトリアル|大貫卓也

 

【ADC会員賞】CULEN「新しい地図」の新聞広告、マーク&ロゴタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - AD - -

 

関連記事

クリエイションギャラリーG8の「日本のアートディレクション展2018」へ

 

開催概要

期間:2018年10月29日(月)~11月22日(木)
会場:クリエイションギャラリーG8、ギンザ・グラフィック・ギャラリー
時間:11:00~19:00
休廊:日曜、祝日
料金:無料

 

関連リンク

ギンザ・グラフィック・ギャラリー

東京アートディレクターズクラブ


- - AD - -