nonnative × New Balance コラボモデル「FRESH FOAM HIERRO M “MOLE”」登場

- - AD - -

ニューバランス ジャパンから、nonnativeとのコラボレーションモデルの「FRESH FOAM HIERRO M」が発売されました。

最新テクノロジーを駆使して設計される「FRESH FOAM HIERRO (フレッシュフォームヒエロ)」シリーズの5代目「FRESH FOAM HIERRO M(フレッシュフォームヒエロM)」は、アッパーにナイロンメッシュを採用し、ノーソープリント圧着加工を取り入れた抜群の足当たりや、シュータンとライニングを一体成形に進化させた「モノソック構造」、スムーズな足入れを可能にする「プルストラップ」が特徴です。

透湿性・防風性・防水耐久性を誇る「GORE-TEX®(ゴアテックス)」や、トゥを保護する「TOE PROTECT(トゥプロテクト)」を用いる事で様々なシチュエーションに対応する防備を実現。また、ソールユニットには左右非対称な凹凸形状により安定性と衝撃吸収性を向上させると共に、ハニカム構造に大小を設ける事で屈曲性も確保した「Fresh Foam X(フレッシュフォームエックス)」が採用されています。

また、抜群の耐久性とグリップ性を確保する「Vibram®(ビブラム)」社製の「Mega Grip(メガグリップ)」を搭載したアウトソールを組み合わせることで、悪路においても抜群のトラクションを発揮します。

 



「nonnative × New Balance」コラボレーションモデルは、革新的な機能とデザインを踏襲しながらも、nonnativeならではのエッセンスを随所に施しています。

「WARM GRAY」と名付けたベージュとグレイの中間的な独自のカラーリングに、通常はNマークが入るサイドをNBマークに変更することで、印象的な仕上がりになっています。

 

シューズの内側に入る「GORE-TEX®」マークは小さく控えめにしながらもヒールにはピスネームを配置され、シュータンの厚みを少し薄くすることで、トレイルランニングシューズでありながらも、スタイリッシュなフォルムを実現しています。

モデル名の由来は、「GORE-TEX®」ライニング、Vibram®(ビブラム)」社製メガグリップ、「WARM GRAY」のカラーリングから、水辺に近い地中に生息する動物“MOLE(モグラ)”をイメージし命名されています。

 

 

– – AD – –

 

関連リンク

New Balance


 

- - AD - -