赤松音呂展「Meteon」へ

- - AD - -

東京・市ヶ谷になるミヅマアートギャラリーで開催されている赤松音呂さんの個展「Meteon」をみてきました。

赤松音呂さんは、インスタレーションや映像、立体作品などを国内外の展覧会で発表しており、2015 年にはオーストリア の国際的なメディアアートコンペティション「アルス・エレクトロニカ賞」でグランプリとなるゴールデン・ニカ賞を受賞されています。

会場では、新作の気化熱の原理を利用した「Meteon」と地磁気の視覚化を試みた「Chijikigumo」を見ることができました。

 

水が蒸発する時に気化熱が奪わ れて温度が下がり生まれる温度差で音がなる「Meteon」が幻想的。

空間の四方からランダムに聞こえてくる音に耳をすませ、作品が動き出す瞬間を感じ取ろうとすると、感覚が研ぎ澄まされ“禅”のような感覚にもなってきます。

 

 

 

展示作品

 

 

- - AD - -

 

開催開催

期間:2019年5月29日(水)~6月29日(土)
会場:ミヅマアートギャラリー(MAP
時間:11:00~19:00
休廊:日、月曜、祝日

 

関連リンク

ミヅマアートギャラリー

赤松音呂


- - AD - -