六本木ヒルズが一日限定の牧場になる「六本木牧場」へ

- - AD - -

toomilog-roppongibokujyou_2018_001

六本木ヒルズアリーナで開催された「六本木牧場」をみてきました。

6月1日の「世界牛乳の日(World Milk Day)」にあわせて行われ、「日本の酪農家と触れ合いながら酪農を見て・知って・楽しめる」というテーマのイベントです。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_012

toomilog-roppongibokujyou_2018_011

アリーナは芝がひかれ牧場のような雰囲気。

芝の上に座ることができ、のんびりイベントをたのしむことができました。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_006

toomilog-roppongibokujyou_2018_009

芝生の上や会場内のいたるところに牛さんがいらっしゃいます。

実物大かな、すごく大きい。

牛をみることは無いので、模型でも実際の大きさを感じられるのはいいですね。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_002

toomilog-roppongibokujyou_2018_003

会場には牧草に触れて遊べるスポットがありました。

ふっかふかで、すこし緑の香りがする。

子どもたちが大はしゃぎで遊んでいるのが楽しそうです。

牧草も触ることがないから、こういう機会は貴重ですね。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_004

メインステージでは手作りバター教室や料理研究家の平野レミさんと食育インストラクターとの和田明日香さんのトークショーなどが行われたそうです。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_005

toomilog-roppongibokujyou_2018_013

また、食育にもつながる紙芝居や、牛乳・牧場に関するパネル展示もありました。

 

toomilog-roppongibokujyou_2018_014

toomilog-roppongibokujyou_2018_015

会場では日本各地の牛乳をつかったアイスクリームの販売や、チー1グランプリというチーズを使った料理の販売もおこなわれていました。

牧場空間を作り、ゆったりとした場でアイスやチーズなどのフードメニューから牧草体験などの触れることを通して酪農を学べる素敵なイベントでした。

 

 

関連リンク

中央酪農会議


- - AD - -