約450点の羊羹デザインが展示された「とらやの羊羹デザイン展」へ

- - AD - -

10月1日にリニューアルオープした「とらや 赤坂店」の地下1階ギャラリーで開催している「とらやの羊羹デザイン展」をみてきました。

赤坂店ギャラリーの第1回目の企画展で、大正7年の菓子見本帳に描かれた羊羹のデザインが展示されています。

また、羊羹つくりの道具や材料の展示や、羊羹のデザインに関する展示もありました。

 

羊羹のデザインは全てに名があり、展示されているデザイン画の下には由来などがわかる冊子もあり、繊細で遊び心にあふれた想いもみることができました。

 

とてもおもしろかったのが、デザイン画からモチーフを連想したり、また菓銘からデザインを連想する遊びの展示。

上の画像は、「夜の梅」という菓銘からデザインを連想させるもの。

本の拍子に書かれた菓銘を見て、本を開くと、どのデザイン画と意味や由来がわかるというもの。

 

これは、デザイン画からモチーフを連想するものです。

このデザイン画から天の川という答えを導き出せるでしょうか。

職人さんの発想力と想像力に脱帽です。

 

 

 

展示内容

 

 

- - AD - -

 

開催概要

場所:とらや 赤坂店 地下1階
会期:2018年10月1日(月)~12月30日(日)
時間:10:00~17:30
入場:無料

 

関連リンク

とらや 赤坂店


- - AD - -