Ginza Sony Parkでテクノロジーを活用した「#004 未来の銀座の運動会」開催

- - AD - -

変わり続ける実験的な「公園」をコンセプトのGinza Sony Parkは、年間を通して驚きや遊び心、ソニーブランドを感じられる、様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施。

第一弾はソニーウォークマン初号機のパッケージデザインからインスピレーションされた「#001 PARK x MUSIC x ROLLER SKATE(パーク x ミュージック x ローラースケート)」。

第二弾は、「ミラノデザインウィーク2018」に出展しBest Playfulness 2018を受賞したソニーデザインによる展示を、国内で初めて披露する『#002 HIDDEN SENSES AT PARK(日常のなかに隠された感覚)』。

第二弾は、「#003 The Waiting room 」。

そして第四弾は、 Ginza Sony ParkとYCAMがコラボした「#004 未来の銀座の運動会」です。

 

スポーツタイムマシン
モーキャプグラウンド
スポーツハッカソン

メディア・テクノロジーを軸に新しいスポーツの楽しみ方を切り拓くYCAMのこれまでの取り組みの成果を活かした新しい冬の運動会です。

スクリーンに映し出される過去の記録と徒競走ができる「スポーツタイムマシン」や、人の動きをリアルタイムにセンシングして軌跡を映し出す「モーキャプグラウンド」など、新しいスポーツを楽しみながら得点を競います。

会場には、参加者の出身エリア別に、約1か月にわたる期間中の累計得点が見られる掲示板も設置。

2019年1月13日(日) (予定)には、小学4年生以上を対象にしたディア・テクノロジーを駆使して新しいスポーツのアイデアを実現する集中ワークショップも開催されます。

 

 

- - AD - -

 

開催概要

期間:2018年12月22日(土)~2019年 1月27日(日) 
時間:10:00〜20:00 
※2018年12月31日(月)・2019年1月2日(水)・3日(木)は短縮開催(10:00〜19:00)
会場:Ginza Sony Park(MAP
料金:無料 

 

関連リンク

Ginza Sony Park


- - AD - -