G-SHOCK初のWear OS by Google搭載スマートウオッチが登場

- - AD - -

カシオ計算機は、G-SHOCKのスポーツライン「G-SQUAD」の新製品として、マルチスポーツ対応の機能と仕様を備えたWear OS by Google搭載スマートウオッチG-SQUAD PRO「GSW-H1000」を発表しました。

「GSW-H1000」は、耐衝撃性や20気圧防水といったタフネス性能を備えながらWear OS by Googleを初搭載したスマートウオッチです。

心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーやGPSを搭載し、距離、速度、ペースなど運動をサポートするデータを計測します。

 

表示部は、用途によって表示する情報を上中下の3段でカスタマイズできるインターフェイスが採用されており、複数の情報を手元で簡単に把握することができます。

柔軟性と耐久性を両立したソフトウレタンバンドに加え、バンドとケースの間にも装着感を高めるパーツが採用されています。

G-SHOCK独自の耐衝撃構造や防水性能も備えており、マイクや充電端子も装備されています。
20気圧防水に耐えるガラスの厚みを保ちながらスムーズな画面のタッチ操作にも対応。
裏蓋には耐食性に優れたチタンが使用され、チタンカーバイト処理で耐摩耗性が強化されています。

 

 

スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK MOVE」で、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応。
心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載し、GPS衛星から位置情報を取得することで、走行ルートや距離、速度など幅広いスポーツをサポートするデータを計測することができます。
アプリの新機能「センサーオーバーレイ」でアクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねたビジュアルを作成し、SNSでシェアすることも可能です。

Google アシスタントや、メール・電話着信などの各種通知に対応し、Googleアプリサービスを利用できます。

 

 

– – AD – –

 


関連リンク

カシオ


©Mapbox ©OpenStreetMap

- - AD - -