映画「BLUE/ブルー」の試写を見て

- - AD - -

映画「BLUE/ブルー」予告動画

 

映画「BLUE/ブルー」の試写を見てきました。

 

 

ボクシング好きに勧めたい作品

作品からは、ボクシングが好きな人たちが集まって作った作品なんだなということがすごく伝わってきます。

漫画「はじめの一歩」が好きで愛読しています。なので、楢崎(柄本時生)が、はじめの一歩のキャラクター「間柴了」のフリッカージャブを練習する場面にはちょっと萌えました。

また、楢崎(柄本時生)がキックボクシング経験者のボクサーと試合した場面で、対戦相手が元WBA・WBC世界スーパーウェルター級王者の輪島功一さんのテクニック「カエルパンチ」「よそ見」を繰り出している場面もかなりグッときてボクシング好きの心をわしづかみされました。

 

 

リアルで見応えがあるボクシングシーン

負けっぱなしのボクサー“瓜田(松山ケンイチ)”、日本タイトル目前のボクサー“小川(東出昌大)”、ボクシングやっている風から成長してく“楢崎(柄本時生)”と、3名の登場人物を中心に描かれています。

3人それぞれのボクシングを描いているため、練習や試合など、ボクシングシーンがかなり多めで見ごたえがあります。

また、監督自身がボクシング経験者というこもあり、試合のシーンや練習、ボクシングジム内でのやり取りなどがとてもリアル。

だた強いだけでは試合に勝てないところや、ボクサーがパンチドランカーといった危険と隣り合わせな現実なども描いているところもよかったです。

あゝ、荒野」「アンダードッグ」など、日本にはたくさんのボクシング映画がありますが、近年のボクシング映画にあるゴリっとして重みのある感じがそれほど強くなく、気を楽にして見ることができる作品かなとも思いました。

 

 

魅力的な登場人物

3名のボクサーのキャラクターと人生がしっかりと立っていて魅力的です。

才能に恵まれ日本タイトルが目前でありながら、ボクシングによっておってしまった障害で苦しむ小川(東出昌大)。

ボクシングしている風を目指して入ったジムで、ボクシングの厳しさと戦うことの素晴らしさに気づき強くなっていく楢崎(柄本時生)。

ボクシングに対する思いが強いが負けっぱなしの瓜田(松山ケンイチ)。

それぞれの人生がリアルで、厳しさ、悔しさ、喜びと無情な現実に共感し感情を揺さぶられます。

 

 

松山ケンイチが良かった

特に僕は主人公の瓜田(松山ケンイチ)がすきです。冷静であっけらかんとしているけどボクシングに対する思いは誰よりも強い。でも、情熱だけでは試合に勝てない。

小川(東出昌大)と楢崎(柄本時生)の試合を見守る後ろ姿や、ターレーから降りてシャドーボクシングをする市場でのシーンなど、負けっぱなしの主人公だからこそグッとくるシーンに気持ちを持っていかれそうになりました。

無精髭もかっこよったな。

 

 

映画を見て

とても良かったです。

ボクシング映画としての見応えもあるし、人生を描いた少し切なくほろ苦い作品でもありました。

千佳(木村文乃)との恋愛もしっかりと描いていたし、見終わって嫌な気持ちになるとこもなく、どこか爽やかさを感じる。

面白かった。



 

 

– – AD – –

 

関連リンク

BLUE/ブルー


 

- - AD - -