アートも楽しめる「RAYARD MIYASHITA PARK 」へ行ってきた

- - AD - -

渋谷にオープンしたRAYARD MIYASHITA PARK へ行ってきました。

渋谷区立宮下公園をリニューアルした施設です。

僕が足を運んだときはプレオープンしたで入場に予約が必要で、施設内にはほとんど人がいなくゆったりとまわることができました。

 

建物は一番上が宮下公園が生まれ変わった「MIYASHITA PARK」。

1階から3階が三菱不動産が運営する商業施設。

さらに三井不動産ホテルマネジメントの新ブランドホテル「sequence MIYASHITA PARK」があります。

施設はNORTHエリアとSOUTHエリアにわかれていました。

 

 

足を運んだときには1階の飲食店はまだオープンしていなくて、スルー。

施設内のフードホールもオープンしていませんでした。

 

MIYASHITA PARKはアートにも力をいれていて施設内には様々なアート作品があります。

この壁のイラストは、イラストレーター金安亮さんが描いたものです。

渋谷区環境基本計画のキャラクターへの起用や、MIYASHITA PARKのビジュアルなどでも見ることができます。

南側エントランスには忠犬ハチ公をモチーフにしたColliuさんの作品。

明治通り沿い歩道には、Stone Designsの人種やジェンダーが融合して新しい文化を作る渋谷を象徴する作品。

公園内ボルダリングウォール上には、YOUwe.さんの作品があります。

 

RAYARD MIYASHITA PARK内になるアートギャラリー SAI で開催されているKYNEの個展「KYNE TOKYO 2」もみてきました。

MIYASHITA PARKへ遊びに行った際にはぜひ見てみてください。

 KYNE TOKYO 2

 

施設内には休憩できるスペースが沢山。

渋谷駅周辺はなかなか休める場所がないので嬉しいです。

硬そうに見えますが、座ると心地よい柔らかさでお尻を迎えてくれました。

 

施設内のショップを一通り回ったら屋上の公園へ。

新しくなる前の公園にもよく行っていたのでなんともいえない感情がわいてきます。

公園は開放感がありとても気持ちいい。

 

敷地内にはスターバックスもありました。

このときはオープン前だったので閉まっていました。

 

このスターバックス、藤原ヒロシがプロデュースしているんです。

藤原ヒロシがプロデュースした表参道B-SIDE店が閉店して残念に思っていたので嬉しい限りです。

海外のガソリンスタンドをイメージしてデザインしているそうで、店内にはオリジナルのアイテムもあるそうです。

 

公園には忠犬ハチ公の「渋谷の方位磁針|ハチの宇宙」があります。

これは、アーティスト 鈴木康広がデザインを手がけたパブリックアートです。

ベンチ中央の忠犬ハチ公像が、星になった上野教授を見上げているそうですよ。

 

園内にはビーチバレーやビーチサッカーができるビーチコートや

 

前の宮下公園にもあったボルダリングウォールに

 

コンクリートのスケートパークも復活していました。

それぞれ、園内中央にあるパークセンターで申し込みをすると有料で利用することができるそうです。

 

屋上の公園もベンチや休憩できる場所が充実していていい感じです。

少し前にフルオープンしたので、こんどはスターバックスによってドリンク片手にゆったりと過ごしたいと思います。

 

 

- - AD - -

 

関連記事

KYNEの個展「KYNE TOKYO 2」へ

 

関連リンク

MIYASHITA PARK

RAYARD MIYASHITA PARK


 

- - AD - -