品川 亮の個展「Nature’s first green is gold,」開催

- - AD - -
牡丹図 2020 500×750×50(mm) 顔料、墨、金箔、膠、アクリル、和紙、木製パネル

東京・銀座の銀座蔦屋書店のアートウォールギャラリーで、品川亮さんの個展「Nature’s first green is gold,」が開催されます。

品川亮さんは、日本の伝統的な絵画表現に現代性を加えることで絵画の可能性を探求し続けているアーティストです。

 

牡丹図 2020 500×750×50(mm) 顔料、墨、金箔、膠、アクリル、和紙、木製パネル

品川亮さんは、日本画を学びながらイタリア、スイスにて海外での生活を経験し、現在は、日本、ソウル、台北、ニューヨークなど国内外で作品を発表。

大和絵、琳派、狩野派など、伝承された日本美術の表現や素材を引用しつつ、“今”の日本人だからこそ描くことのできる現代の日本絵画を問い続け、箔や岩絵具、墨を用いた絵画作品や、フィルムを使った立体作品など、様々な表現方法に挑戦しています。

銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリーでの展示に加え、特設ページでの作品のビューイングも予定されています。

 

 

- - AD - -

 

開催概要

会期 :2020年6月1日(月)〜2020年6月24日(水)
時間 :営業時間は店舗HPをご確認ください。
場所 :銀座 蔦屋書店 アートウォールギャラリー(スターバックス前展示スペース)GINZA SIX 6F
料金: 無料

 

関連リンク

 銀座蔦屋書店

 品川 亮


 

- - AD - -