感覚を研ぎ澄ませ記憶の珍味を味わう 諏訪綾子展「Taste of Reminiscence Delicacies from Nature」開催

- - AD - -

東京・銀座の資生堂ギャラリーで諏訪綾子展「Taste of Reminiscence Delicacies from Nature」が開催されています。

諏訪綾子さんは、本能的な無意識の感覚に訴えることのできる表現媒体として「食」を扱い、体験者に新たな問いや発見をもたらすことを追求するフードアーティストです。

2008年に、金沢21世紀美術館で初の個展「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」を開催。東京・金沢・福岡・シンガポール・パリ・香港・台北・ベルリン・バルセロナなど国内外で「ゲリラレストラン」、ダイニング エクスペリエンス「Journey on the table」を開催し、2019年「Journey on the Tongue」がEUとアルスエレクトロニカによるアワード「STARTS Prize」のWinnersに選定されています。

展示では、様々な香りから調合した数種類の「記憶の珍味」を来場者が実際にあじわうことで、自身の記憶を呼び起こす体験をすることができます。

誰もが個人的にもっている記憶をテーマに、無意識の記憶から「食」をとおして自分自身をあじわいます。

 

 

- - AD - -

 

開催概要

会期: 2020年1月18日(土)~3月22日(日)
時間:平日 11:00~19:00 / 日・祝 11:00~18:00
会場:資生堂ギャラリー(MAP
休館:月

 

関連リンク

資生堂ギャラリー


 

- - AD - -