映画「信長協奏曲」の試写を見て

- - AD - -

映画「信長協奏曲」予告動画

 

映画「信長協奏曲」の試写会へ行ってきました。

 

ストーリー

ストーリーはドラマの最終から本能寺の変まで。本能寺の変ということはつまり、信長の死までということです。

自分が死ぬ運命にあるというとこを知ったサブロー(小栗旬)が、その運命にどう向き合っていくのか。
サブロー(小栗旬)の首を狙う本物の織田信長(小栗旬2)、本物の織田信長(小栗旬2)に復讐を誓う羽柴秀吉、夫(小栗旬)の死の運命を知ってしまった妻の帰蝶(柴咲コウ)、それぞれの思いが絡み合っていき、どのように本能寺の変を迎えていくのか。
そんなところです。

 

映画を見て

面白かったです。僕はドラマを全話見ていたのでかなり楽しめました。後半はちょっと泣いてしまいました。
映画はドラマの流れでの映画化だったので、全体的にテレビドラマ感があり、映画っぽさは薄くポップで見やすいものでした。ドラマの延長でみれるので映画の世界へは入りこみやすかったです。
映画を見るにあたって、僕は原作1話しか読んだことがないのでなんとも言えないですが、ドラマは全て見ていないと映画を楽しむのは難しい気がします。冒頭でコンパクトにドラマのストーリーが流れるのですが、それもドラマを見ていた人への復習のためという感じだったので、やっぱりドラマを見ることをお勧めします。

 

 

映画「信長協奏曲」特報動画

 

信長協奏曲の面白いところ

信長協奏曲の面白いところは、史実のねじれがどうなって行くかというところだと思っています。
主人公のサブロー(小栗旬)が過去にタイムスリップをし、本物の信長(小栗旬2)と入れ替わって戦国の世を生きて行くため、実際の歴史の流れから曲がって行くのですが、それがねじれながらも元に戻りまたねじれ元に戻るを繰り返し、結果として歴史は変わらないという流れになるんですが…。
なんたって、本能寺の変で織田信長を殺してしまう明智光秀が本物織田信長なのですから。
ねじれた歴史がどうやって戻って行くのかがすごく面白くて、この映画でこのものがたりを作っている幾つかの大きなねじれが見事に正されていくところも見どころです。

 

妻「帰蝶」の存在

戦国物の映画だと男性側の視点で描かれることが多いですが、この信長協奏曲は柴咲コウ演じる信長の妻・帰蝶がいることで女性側の視点もしっかり描かれ、映画の後半では二人の関係が涙と感動をよびます。ハンカチ必須です。

 

映画の見所

試写を見て見所は3つかなと思いました。
1つ目は、主人公の織田信長(サブロー:小栗旬)と、明智光秀(本物の織田信長:小栗旬2)と、羽柴秀吉(山田孝之)の3人のトライアングルがどうなって行くのか。
2つ目は、信長(小栗旬)の妻である帰蝶(柴咲コウ)と信長(小栗旬)の運命はどうなって行くのか。
そして3つ目は、主人公サブロー(小栗旬)は本能寺の変(信長の死)へどう向かっていくのか。

 

信長協奏曲

 

ドラマを見ていた人はマストでみることをお勧めします。
面白かったよ!

 

関連記事

映画館で漫画「信長協奏曲」が無料で読める

 

- - AD - -

 

関連リンク

映画「信長協奏曲」公式サイト


- - AD - -