映画「空白」の試写を見て

- - AD - -

映画「空白」予告動画

 

映画「空白」の最速試写を見てきました。

海沿いの気持ちよさそうな通学路を通り、母に工作を手伝ってもらう和やかなシーン。
厳しく娘に当たる父親(古田新太)の存在や、学校で先生(趣里)から叱られている場面など、すこしモヤモヤっと心がざわつく箇所もありながらも、日常の生活がゆっくりとながれていく。
そこから、青柳(松坂桃李)が店長を務めるスーパーへ場面がうつり、起こってしまう不運な事故。
そして、追い込まれていく登場人物たち。
凄まじく重い作品で、いろいろなことを考えさせる作品でした。



娘を失った父(古田新太)の怒りと悲しみ。
いなくなってから娘と向き合い始める父の思い。

万引を正そうとした正義と、それによって命が失われる機会をつくってしまったという罪悪感。
苦情や捻じ曲げられた報道による風評被害で苦しくなる経営と、自己嫌悪。

少女をひいてしまった女性ドライバーの苦悩と、葬式で見せた彼女の母親(片岡礼子)の言葉。

店長(松坂桃李)を想い力になろうとするが正義感で追い詰めてしまう草加部(寺島しのぶ)。

青柳(古田新太)を慕い力になろうとする藤原季節。

報道を捻じ曲げ切り取るマスメディアのありかた。

娘を事故で失った父(古田新太)と、事故が起きるきっかけを作ってしまった店長(松坂桃李)だけのストーリーでなく、彼らの回りにひるたくさんの登場人物がそれぞれ苦悩し物語を作っていく重厚な作品。



父(古田新太)が、娘のことを知ろうとし向き合い始めたあたりから、少しづつ憎悪や作品を覆っている重さがゆるんでいくんだけど…。

ハッピーエンドにはならなかったけれど、少しだけ希望もあり、苦しいまま作品が終わらなくてよかったなとエンドロールを見ながら涙がひくのを待っていました。

 

なかなか、感想がまとまらず箇条書きのようになってしまいました。

単純に“面白い!”とは言えない複雑な満足感はなんなんだろう。

見れてよかったです。

 

ヤクザと家族 The Family」「MOTHER マザー」「新聞記者」「あゝ、荒野」「二重生活」と、ここ数年のスターサンズ制作・配給作品はいい映画が多くて、次はどんな作品を制作するんだろうかと気になってしまいます。


 

 

– – AD – –

 

関連リンク

空白


 

- - AD - -