映画「ペレ 伝説の誕生」の試写を見て

- - AD - -

映画「ペレ 伝説の誕生」予告動画

 

映画「ペレ 伝説の誕生」の試写を見てきました。

普段はあまりサッカーに興味がなく、日本代表の試合をオリンピックの時のようにお祭り感覚でテレビで見るくらいなんです。だからあまりサッカーを知らない自分が試写会を見に行っても楽しめないんじゃないかと思っていたんですけど、映画はすごく面白かった!
僕のようにサッカーをあまり知らない人でも楽しめる映画です!

 

ストーリー

ブラジルの元サッカー選手のペレの伝記映画で、彼がいかにして伝説となっていったかを描いています。物語はペレの幼少の頃から始まり1958年のW杯スウェーデン大会まで。
プロチーム入団からわずか18カ月で史上最年少でのW杯出場を果たし、ブラジル代表を優勝へと導いていきます。

 

ジンガスタイル

映画ではブラジルの奴隷が生み出した「カポエラ」の基本スタイルを継承した「ジンガ」というサッカーのプレースタイルが鍵。
1950年のW杯で優勝を逃したブラジル代表が、敗因の一つとして伝統的な「ジンガスタイル」を幼稚なプレーだという理由で捨て、欧米のプレースタイルを取り入れていきます。
ペレが得意とするジンガスタイルをどう物語の中で生かし、守っていくのか…。注目ポイントの一つです。

 

エースナンバー背番号10

W杯初出場のペレの背番号10。サッカーの知識が薄い僕でも背番号10がエースナンバーだということを知っていますが、当時はエースナンバーではなかったことを映画で知りました。
なぜ、背番号10がエースナンバーとなっていったか…。映画を見ればよくわかります。

 

マンゴーを使った練習

予告編でも出てくる果物のマンゴーを使ってサッカーをしているシーン。まんまるの球体でもなく歪な形で、しかもある程度柔らかいマンゴーを使ってのリフティングをしています。本当にそんなことできるのか?って思ってしまいますが、これも映画を最後まで見ているとわかってきます。

 

もちろんあるよサプライズ

なんとなく予想はしていたけど、ありましたサプライズ!
映画試写中に「オーーーー!」っと劇場内がどよめく瞬間があります!
楽しみに見に行ってください!

 

吉田麻也選手インタビュー映像/映画『ペレ 伝説の誕生』 short

 

映画を見て

面白かったです!冒頭でも書いた通り僕はあまりサッカーを知りません。W杯などの日本代表をテレビで見て応援するくらいです。そんなサッカー知識が乏しい僕でも、すごく楽しめました。「ジンガ」も知らないし、背番号10番がなぜエースナンバーなのかも知らなかったし、そもそも「ペレ」が本名ではないということすら知りませんでした。「あ、そうなんだ!」と思うことがたくさんあって、サッカーへの興味が増したように感じます。
あと、幼少の頃やプロでの試合シーンがすごく良かった。躍動感があって一つ一つのプレーに見入ってしまいます。特にジンガに。
サッカーはもちろん素晴らしいのですが、家族愛や友情も描かれています。お父さんがめちゃくちゃかっこいいです!
本当に実話とは思えない。事実は小説よりも奇なりじゃないですけど、まさに映画のような人生を歩み伝説になってペレに映画を見たら魅了されますよ。

 

- - AD - -

 

関連リンク

http://pele.asmik-ace.co.jp/


- - AD - -