植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」

- - AD - -

リーボックは、2024年までにすべての原材料からバージンポリエステルを完全に排除することを目標に掲げ環境問題に配慮し、持続生産可能な商品開発の新たな取り組みのひとつとして植物由来素材を原料とする初の高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)」が登場しました。

ミッドソールには、積水化成品工業株式会社により開発された、高いクッション性と反発性をもたらす植物由来の「エラスティルBIO」という素材を採用。持続可能な方法で栽培された唐胡麻(キャスタービーン、ひまし)から製造され、オリジナルモデルである「FOREVER FLOATRIDE ENERGY 2 (フォーエバー フロートライド エナジー2)」と同等のパフォーマンス性と軽量クッション性を維持することを実現しています。

また、アッパーはサスティナブルな形で調達された最後には自然に生分解されるユーカリを原料としいます。

 

ソックライナーには、侵入性増殖が進む地域から収穫されたブルーム藻を用いられ天然の防臭効果があります。

柔軟性、耐久性ならびに反発力に富んだ天然ゴムのアウトソールは、一般的な高機能性フットウェアに採用されている石油ベースのゴムではなく、天然ゴムの木からサスティナブルな方法で調達されています。

 

 

– – AD – –

 

関連リンク

Reebok


 

- - AD - -