GINZA SIXのクリスマスアートを見てきた

- - AD - -

東京・銀座の「GINZA SIX」で、11月12日からスタートした「GINZA SIX CHRISTMAS 2018 “Fantastic Gift”~『冬の王国』と『夏の王国』の物語~」のアート作品を見てきました。

 

中央の吹き抜けに登場したのフランス人アーティストのニコラ・ビュフさんが手がけた巨大な「光るぞう」。

『冬の王国』と『夏の王国』という架空の国がギフトを贈りあうという物語をベースにつくられたアート作品です。

国同士の贈り物にも使われ「ぞう」の歴史や、国と国の友好から生まれる 平和などのおもいが込められています。

光るぞうの上には巨大はプロペラが4つあり、それぞれがゆっくりと動き、空を飛んでいるように見えます。

 

また、銀座中央通りに面した正面 エントランスや館内の様々なエリアでグラッフィックが展開されていました。

専用アプリをダウン ロードして対象のアートにかざすと、AR による演出も楽しめまました。

 

 

- - AD - -

 

開催概要

期間:2018 年 11 月 12 日(月)~12 月 25 日(火)
※中央吹き抜けアートのみ 2019 年 2 月下旬まで展示予定
会場:GINZA SIX

 

関連リンク

GINZA SIX


- - AD - -