映画「オーヴァーロード 」の試写を見て

- - AD - -

映画「オーヴァーロード 」予告動画

 

映画「オーヴァーロード 」の試写を見てきました。

 

 

戦争映画

連合軍の通信を妨害している電波塔を破壊すべく、ドイツ占領下のフランスの小さな村へ向かう主人公たち。
彼らが搭乗している軍用機のなかは緊張と不安であふれ戦争の見えない圧力が充満している。
その機体が敵地に近づくにつれ、敵戦闘機からの攻撃をうけ敵の領土へ散っていく。
この冒頭シーンは、とてつもなく戦争映画で、緊迫感と恐怖感があり、手に汗をにぎってしまう映像。
ここから作戦の遂行にむけて重厚な戦争映画が始まるかと思っていたら思わぬ展開へシフトしていく。
ただの戦争映画かと思っていたら良い方向へうまく裏切られます。

 

 

ホラー映画

戦争映画からホラー映画へ。
ナチスが生み出した人体実験の謎が見えてくると、ホラー映画へとシフトしていきます。
正体がわからない恐怖にハラハラし、心臓がギューーっとなる。
見えない恐怖が快感になり、ずるずると物語に引き込まれていきます。

 

 

サバイバルアクション映画

ホラー映画からサバイバルアクションへ。
冒頭の戦争映画感と比べると、ありえない戦い方をしているのに、これが面白い。
普通の映画ならチープな印象をうけてしまう展開も、映画全体の構成から生まれる説得力で、安っぽくならないのも面白い。
グロさや痛さもあるが、痛快さもある。
終いには、ヒロインのクロエがバイオハザードのアリスに見えてきます。

 

 

違和感なく変化する凄さ

戦争映画かとおもっていたらホラー映画へ移行し、最後はサバイバルアクションになる。
するするとジャンルが以降していき見てる人を急速に引き込んでいく構成は圧巻です。
人体実験や任務遂行など中心にある軸がしっかりと通っているので、物語がブレることがない。
目を覆いたくなる痛いシーンも多かったので、そいうのが苦手な人はダメかもしれません。
個人的には新しさを感じても、とてもおもしろかったです。

 

 

関連リンク

オーヴァーロード


- - AD - -