隅田川で鈴木康広の「ファスナーの船」を見てきた

- - AD - -

アーティスト鈴木康広の作品「ファスナーの船」が隅田川で披露されるということなので見てきました。

これは、株式会社KADOKAWAと、墨田区主催「Edo⇄2018 すみだ川再発見!『ふねと水辺のアートプロジェクト』」の第3弾プロジェクトで実現したものです。

ファスナーの船は、ファスナー型の船が水面を進みます。

カンバスに見立てた水面を船が進み、波立つ航跡波が布を開くファスナーに見えるという作品です。

2010年の瀬戸内国際芸術祭で、公開され話題を呼びました。

 

隅田川での運行では、12:00~14:00の間に吾妻橋と桜橋の間を往復。

見に行った当時は風が強く、水面が波たっていたため開くファスナーの表現が見えずらかったのが残念でしたが、それもで東京でファスナー船を見れるとは思ってないなかったので感動しました。

遠い場所からしか見れなかったので、吾妻橋から見下ろすように見ることができたら、もっと作品の表現するものを感じられたように思います。

- - AD - -