障がいがある子どもたちも映画鑑賞を!「バリアフリー映画上映会」クラウドファンディングで募集中

- - AD - -

障がいがある子どもたちの社会的自立を支援する一般社団法人わくわくキラキラ発見クラブが、クラウドファンディングFAAVOで「バリアフリー映画上映会」の資金を募集しています。

障害をもつ子どもたちのなかには、“多動”や“声が出る”といった特性がある子がおり、通常の映画館で作品を見ることは難しい状況にあります。

映画館で映画をみることが難しい彼らは、好きな映画が上映されることを知っても訪れることは少なく、数か月後に発売されるDVDを待って、自宅のテレビで鑑賞するケースがほとんど。

こうした状況を踏まえて「環境を変えれば、だれもが一緒に映画を楽しめるのではないか」という思いからスタートさせたのが「バリアフリー映画上映会」です。

上映会では、映画館を貸し切り、人気アニメなど上映中の作品を鑑賞。

光や音に敏感な方のために、館内は真っ暗にせず照明は通常の50パーセント程度に、音量は通常の70パーセント程度に設定。

音声をスマートフォンなど携帯端末のマイクで拾えるUDCast(ユーディーキャスト)対応とし、視覚や聴覚に障がいがある方でも、安心して映画を楽しめるよう配慮。また日本語アニメーションであっても字幕付きで上映しています。

クラウドファンディングでの目標額は55万円。

内訳は、映画館レンタル料40万円、制作費(チラシ等)2万円、交通費(打ち合わせ、広報活動に必要な交通費)2万円、FAVVO手数料20% 11万となっており、All-In方式で2020年2月3日(月)から3月27日(金)23時59分59秒まで募集しています。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

みんな一緒に楽しむ!優しいバリアフリー貸し切り上映会


 

- - AD - -