映画「リチャード・ジュエル」の試写を見て

- - AD - -

映画「リチャード・ジュエル」予告動画

 

映画「リチャード・ジュエル」の試写を見てきました。

 

1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いた映画。
オリンピック公園でおこなわれていたコンサートを警備していた主人公のリチャードが、会場に仕掛けられていた爆弾を見つけ、会場にいた大勢の命を救い一躍英雄へ。
しかし、FBIが捜査をすすめる中で容疑者にでっち上げられ、強引な捜査とメディアの実名報道で英雄から犯罪者へ落ちていく。

 

すごく怖さを感じる映画でした。
それは、リチャードにかけられた誤解、FBIの真実を曲げた強引な捜査、そしてメディアに流され負の感情に飲み込まれていく世論。
どれも自分自身に起こりえることで、気がついたらリチャードの立場になっているかもしれないし、情報に流され無意識に誰かを追い詰める側になっているかもしれない。
他人事とは思えず怖くなります。
それがフィクションでなく実話だから。

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」「15時17分、パリ行き」と、実話映画を取り続けているクリント・イーストウッド監督の凄さがあふれていました。

SNSが当たり前になった今、多くの人か誤った情報を発信する立場にあり、映画に描かれているメディアの構図から現代人へのメッセージが受け取れます。
クリント・イーストウッド監督が今の世の中を見透かしているよう。

 

出演している俳優の演技は素晴らしく、主人公のリチャードを演じたポール・ウォルター・ハウザーの絶妙な演技もよかったし、感動的なスピーチでリチャードを救った母役のキャシー・ベイツには泣かされます。ハンカチ必須。

そして、リチャードとともにFBIと戦う弁護士ワトソンのサム・ロックウェルがめちゃくちゃたのもしくかっこよかった。
リチャードとワトソンの関係がたまらなく良くて、この映画の魅力の一つ。

 

ワトソンは捜査やメディアの問題点を暴きつつ、ワトソンを支えながらも共に戦い、潔白を証明していく。
最後はとても感動的。
当事者でもないのに、良い結末にホッとしている自分がいました。
事実が明らかになり、彼が目指していた夢の姿も見れてよかった。

 

様々なことを考えさせられる作品であり、ドラマチックで友情と感動がある。
これが実話だとは…、とても面白かったです。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

リチャード・ジュエル


 

- - AD - -