映画「ヤクザと家族 The Family」の試写を見て

- - AD - -

映画「ヤクザと家族 The Family」予告動画

 

 

映画「ヤクザと家族 The Family」の試写を見てきました。

作品を見る前は、仁義なき戦いやアウトレイジのような任侠映画をイメージすしていたけれれど実際は違ったで、日本のヤクザ映画を継承しつつも、時代を反映した作品になっていました。

父親を覚せい剤で失った主人公山本賢治(綾野剛)が、柴咲組組長(舘ひろし)の危機を救うい父子の契りを結ぶところから始まり、1999年、2005年、2019年の3つの時代を通して時代に取り残されていく“ヤクザ”と“家族”の姿が描かれています。

 

 

綾野剛のすごさ

映画・ドラマとたくさんの作品で見ている綾野剛ですが、本作でまたいっそう好きになりました。

1999年、2005年、2019年の3つの時代で構成されており、それそれの時代で生きる山本賢治(綾野剛)を見事に演じています。

1999年、原付きにまがたり街を疾走する姿はまさに19才の不良。
狂犬のような鋭い佇まいに実年齢を忘れてしまいます。

2005年、クールで冷酷なヤクザの姿と、由香(尾野真千子)に惹かれていく不器用な男を演じています。家族となった柴咲組に忠義を誓うヤクザとしての立ち振舞から、大人に成長していることを感じらるのがすごい。

2019年、刑務所からでてきた山本賢治(綾野剛)にはヤクザの怖さもなく衰えを感じる。

声の使い方、歩き方、目や顔全体の表情など、あらゆるとこから時代に応じて年齢を変化させてく凄さ、しびれました。
それぞれの時代で守ろうとす“家族”との関わり方にも時代と年齢がリンクしていて素晴らしかったです。

 

 

前後半で変わる作品

1999年、2005年、2019年の3つの時代で展開する作品ですが、前半と後半という分け方でも雰囲気が変わってくる構成になっています。

1999年・2005年の前半部分で、ヤクザの世界を中心に描かれています。
縄張りあらそいから生まれるヤクザ同士の抗争はまさにヤクザ映画。
暴力的なシーンも結構ありながらも、その世界で生きる人達の仁義や家族のあり方もあり、任侠物が好きな人でも十分にたのしめます。

2019年からの後半部分では、一気にリアルな社会派作品へ。
時代にとりのされたヤクザの姿から、人権やそのこ生まれる矛盾など、社会の問題が描かれている。
また、前半には存在しなかった新たな家族の形があり、より人間臭くリアルなものになっていました。

 

 

映画を見て

痺れる作品でした。
時代の移り変わりを見事に描いてい、その緩急に時間を忘れて2時間16分の映画があっという間に感じました。
家族とはなにか、人権とはにか、一人のヤクザを通して様々な問題を描いており見応えがあります。

綾野剛の演技はもちろん、組長を演じた舘ひろしの存在感と優しさに、壊れていく北村有起哉の演技、シングルマザーとなり“ヤクザ”に翻弄される尾野真千子、山本(綾野剛)をしたう磯村勇斗もよかった。
だれもいない部屋を見て崩れ落ち刃を手にとった市原隼人の想いに震えるものがありました。

辛く悲しい物語ですが、ともて満足度が高い作品でした。

 

 

– – AD – –

 

関連リンク

ヤクザと家族 The Family


 

- - AD - -