映画「アリー/ スター誕生」の試写を見て

- - AD - -

映画「アリー/ スター誕生」予告動画

 

映画「アリー/ スター誕生」の試写を見てきました。

 

 

栄光と挫折と光と影と切なさと

ウエートレスとしてはたらき夜ばバーのステージにたっていたアリーがジャクソンに見いだされスター街道をあがっていく。
その一方で、アルコールとドラッグに溺れて、人気ミュージシャンから没落していくジャック。
二人の人生がすれ違いズレていく対比が、どちらの人生も引き立たせて作品に厚みを持たせていました。
最後は切ない流れになってしまうのですが、なんというか後味が悪くならないようにギリギリのラインで描かれていて、それか心に小さな切なさと不思議な感動を残していったように感じました。

 

 

レディー・ガガの演技

予想していたよりもレディー・ガガの演技が良かったです。
誰もが知るスーパースターなので、歌をうたっていたりステージでのシーンは圧巻です。
それ以外の演じも悪くなく、二人で甘い時間を過ごす場面や、素人が地位と名声を得て少しずつ変わっていく変化などの表現も見事でした。

 

 

ブラッドリークーパーがかっこいい

俳優でもあり、本作の監督でもあるブラッドリークーパーが渋くでかっこよすぎます。
作中で人気ミュージシャンのジャクソンを演じていて、その役がはまりまくり。
ギターを色気まじにりひくシーンや、大観客の前でのライブシーンはアーティストそのものです。
それとは対照的に、アルコールとドラッグに溺れて没落していく姿もみせ、彼の魅力が爆発しています。

 

 

リアルなライブシーンがみどころ

作品にかなりの数のライブステージシーンが登場します。
アリーを演じるレディー・ガガの上手さは間違いないのですが、ブラッドリークーパーのライブシーンもとても良かったです。
冒頭のジャクソンが登場するライブやヨーロッパのライブシーンは、実際に開催されたステージに飛び入りで撮影したそうです。
さらに、ほとんどが生歌だそうです。

 

 

映画をみて

正直、映画をみる前はレディー・ガガの演技なんてどうなんだろ?なんて思っていました。
けれど、上映がはじまり冒頭のウエートレスからバーで歌う彼女の演技へとうつると、そんな思いはすっかり頭の中から消えていました。
題材の物語とレディー・ガガとのシンクロ率が高く、するするっと物語に入り込めたの大きいかもしれませんが、彼女の演技に不安をいだき見るのをためらっている人には、おすすめしたい作品です。

 

 

- - AD - -

 

関連リンク

アリー/ スター誕生


- - AD - -